ナツタビ。

脳内ゆるふわ女子大生が旅を仕事にする話

MENU

母のお仕事から学んだこと:誰よりも、自分が楽しむこと。


f:id:n-yamaguchi469:20160128232410j:image

 
用事があって
 
実家に帰ってます。
 
 
 
祖母の家に行く予定だったのですが
 
その前に母親と2人で
 
竜泉寺へ行きました。
 
  
 
シェアハウスには
 
五右衛門風呂しかなくて
 
基本湯船に浸かっていないので
 
もはや日本にいながら海外生活
 
 
 
湯船は天国!!
 
 
 
温泉に浸かって
 
岩盤浴行って
 
汗めちゃくちゃ出して
 
あーすっきりさっぱり
 
 
 
 
 
で、そんな時にこそ
 
ちょっと深い話まで
 
母親と喋るのですが
 
 
 
 
いや、普段しゃべらない  
 
とかでは全くなく
 
むしろ朝から母はマシンガントーク
 
低血圧のわたしは
 
半分程度しか理解しないまま頷き
 
結局半分以上言われたこと
 
忘れてる状態
 
 
 
なんですけど
 
今日も相変わらず2人で
 
よくしゃべったんですけど
 
 
 
わたしの母は
 
介護のお仕事してまして
 
 
 
そこで起こった
 
利用者さんとの出来事を
 
本当に楽しそうに話すんですよ。
 
 
 
あのね、そのおばあちゃんは
 
ほとんど喋れないんだけど
 
志村けんが好きって書いてあったから
 
ドリフのDVDを持って行ってね!!
 
(8時だよ!全員集合)
 
 
あ、わたし平成生まれです一応
 
 
 
 
 
 
そしたらそのおばあちゃん
 
うひゃうひゃ笑うのよ
 
うふふふふふふふふふふふふふ
 
 
 
 
 
 
 
お母さんあなたが一番笑ってるわ
 
 
 
 
 
 
 
あの
 
母親の話とか
 
普段そんなしないんですけど
 
 
 
世界一周したとか
 
就職しないとか言うと
 
絶対聞かれるんですよ
 
 
「親は心配しなかったんですか?!」
 
 
 
そりゃ心配してないはずは
 
ないんですけど
 
 
 
世界一周の前に言われたのは
 
「気をつけて楽しんで」
 
 
就職しないと言った時は
 
「あなたが楽しいならいいんじゃない」
 
 
 
 
 
いいんすか笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう母なので
 
誰かを喜ばせることに
 
全力注げる人で
 
 
何よりそれを
 
自分が一番楽しんでいて
 
 
 
誰かのために
 
相手への思いやり
 
役に立たなきゃ
 
自分がやらなきゃ
 
頑張らなきゃ
 
 
 
とかは一切なくて
 
というか見せなくて
 
 
 
それよりまず
 
自分が楽しいのが
 
勝ってるんだろうなーと
 
ふと思ったのです話しながら。
 
 
 
 
だからわたしにも
 
楽しんでと言う
 
 
 
 
 
 
時には自分がしんどいことも
 
先が見えない努力も
 
誰かに裏切られることも
 
逃げられない責任も
 
あるかもしれないけど
 
 
 
 
楽しむ心だけは
 
忘れたくないなあと
 
思うのです母を見ながら
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のポエムでした。てへ
 
 
 
 
 
旅は続く!