ナツタビ。

脳内ゆるふわ女子大生が旅を仕事にする話

MENU

名古屋駅から一駅「栄生」にあるおとなりのシェアハウスでヘナタトゥー出店しました。好きが仕事になったきっかけの話

昨日深夜にコスプレについて

こそこそ調べて書いた記事
Facebookのコメント欄が
意外と盛り上がって嬉しいです。
 
 
f:id:n-yamaguchi469:20151105164211j:image
 
さて、先日の祝日にお誘いいただき
近所のシェアハウスで行われた
フェスにてヘナタトゥーを
出店させていただきまひた。
 

f:id:n-yamaguchi469:20151105164226j:image
 
長屋を改装したシェアハウスで
中も細かい部分まで
とってもおしゃれです。
 
うちもあんなしたい。
 
 

f:id:n-yamaguchi469:20151105234600j:image
 
そのすみっこで
ヘナタトゥー出店させていただきました。
 
 
わたしの靴下にご注目
(かわいくない?!かわいくない?!)
 
 
そもそもわたしが
ヘナタトゥーを始めたきっかけは
世界一周しているときに
マレーシアでインド人に
描いてもらったからです。
 

f:id:n-yamaguchi469:20151105234851j:image
 
服とカバン最強に
変な色の組み合わせしてるわたし
 
 

f:id:n-yamaguchi469:20151106004938j:image
 
マレーシアのモスクではしゃいだあの夏
 
そして、手の甲に描いてもらった
ヘナタトゥーは、
毎日服を手洗いしていたせいで
3日後には薄くなっていました。
 
 
ここで
 
名古屋人の
 
必殺モッタイナイ精神が働き
インド系スーパーで
ヘナタトゥーのペンを買ってきて
薄くなった模様を
上からなぞりだしたのが始まり。
 
 
そのうち楽しくなってきて
一緒のゲストハウスに
泊まっていた旅人に
片っ端から落書きし始め
自信をつけたわたしは
 
 
一時帰国した際に沖縄にて
路上ヘナタトゥーデビュー!
 

f:id:n-yamaguchi469:20151106010951j:plain


f:id:n-yamaguchi469:20151106005352j:image
 
 
やってみたら楽しくなり

f:id:n-yamaguchi469:20151106005646j:image
 
色々出店させてもらえるまでなりました。
 
 
ありがたや、、、
 
 
続けていられるのは
わたしが描きたいから
ヘナタトゥーを描いて
喜んでくれるお客さんが
いるからでしかなくて
 
 
 
 

 
 

f:id:n-yamaguchi469:20151105234640j:image
 
昨日の話とやや重なる部分もあるけれど
 
ボディーアートでちょっとだけ
いつもと違う自分を味わえて
目の前のあなたが笑顔になる限り
 
続けていきたいなあと思ってます。
 
 
 
最後の写真、せっかく
フェスに来てくれたお友達
京子ちゃんの最高の笑顔なのに
 
わたしの髪の毛はねてる、、、笑笑